便秘にならないためには

便秘にならないためには、毎日規則正しい生活を送ることです。 特に大切なのは、食事の時間です。 毎日決まった時間に食べるようにすると、腸内のリズムが整います。

朝起きたら、歯を磨きます。 寝ている間に口の中が雑菌でいっぱいになっているからです。 きれいに歯を磨いた後に常温の水を飲みます。 水を飲むと、腸も目覚めて便意が起こりやすくなります。 炭酸水を飲むとさらに効果的です。 コーヒーやウーロン茶など、カフェインが含まれている飲み物を飲みすぎると便秘になりやすくなります。 なるべく控えたほうがいいと思います。 喉が渇いたら、麦茶などノンカフェインのお茶がおすすめです。

出そうなのに出ないというときには、腸をやさしくマッサージします。 外側から刺激を与えることで便意を起こします。 便秘の期間が長く、便が固くなってしまった場合は、オリーブオイルをたっぷりと使った料理を食べます。 オリーブオイルには、便を柔らかくさせてくれるという効果があります。

便秘にはグリーンスムージー

便秘には何が効くのでしょうか。食物繊維を摂ったり、発酵食品を食べたりなどと、色々と方法はあるかもしれませんが、私がお勧めするのはグリーンスムージーです。これがびっくりするくらい効くのです。私はグリーンスムージーを始めて五年近く経ちますが、飲み始めてから毎日必ず快便です。それまでも便秘ではなかったのですが、ごくたまに出なかったりすることはありました。

しかし、グリーンスムージーを始めてからは毎日きちんと出ます。それもすごい量が出るんです。汚い話ですが、お腹の中の物が全部出てきてしまったくらいの便の量なのです。それも一日何回か出ます。平均して一日に二、三回は出ます。これには最初驚きました。そのせいか、毎回かなり体がすっきりします。見た目もなのですが、体調もすこぶるいいのです。

便秘だけでなく、体も健康になるし、ダイエット効果も抜群にあるので、かなりお勧めです。便秘で悩んでいる人はぜひ始めてみるといいと思います。

オリジナルの野菜ジュースで便秘対策

便秘解消には食物繊維、昔からよく言われていますよね。 なので野菜ジュースを買って毎日飲んでいたのですが、どうも効果が微妙な気がします。 なので自分でミキサーを使って野菜ジュースを作ってみることにしました。 自分でなら食物繊維たっぷりな野菜だけのジュースを作るのも簡単ですからね。

ということで便秘解消の為にオリジナルの野菜ジュースを作って飲んでみたのですが・・・とても不味いです。 やってみたら分かると思いますが、テキトウに野菜選ぶと本当に不味いです。 市販の野菜ジュースって凄いんですね。 なんですが、便秘解消効果は物凄くありました。 食物繊維豊富な野菜のみのジュースですからね。 物凄い不味いんですけど二~三日で効果が出る優秀な野菜ジュースでした。 ただ、毎日続けるにはやはり不味いのは辛いです。

なので今は何かおいしくなるものはないかといろいろ野菜ジュースに足して飲んでいます。 美味しくて便秘解消に効果のある野菜ジュースが出来たら、レシピ公開とかしてみようと思います。

慢性的な便秘に悩んだ私が見つけた効果的な方法

私は大学生の時から慢性的な便秘に悩んでいました。
1週間便が出ない事も度々あり、2、3日出ないのは当たり前でした。

自分なりに食事に気をつけ、ひたすらヨーグルトを飲んだり、ごぼうを食べたりする事もありましたが、それでもどうしても出ない時には最終手段としてイチジク浣腸をして無理矢理出していました。

浣腸は持ち運びが出来るサイズでいざ外でお腹が苦しくなった時にも便利なのですが、
難点はした後に必ずお腹が痛くなる事です。
その痛みが辛くなり、今では全く使用していません。

色んな方法を試してみて実際に効果を感じた方法をお伝えしたいと思います。
まず食べ物ですが、ヨーグルトやごぼうよりもレタスやめかぶなどの海藻類の方が効果的に感じました。

良い点は健康的な方法である事、食べる量が少量でも効果的である事、そして美味しい事です。
便秘は日常的な事なので、簡単に難なく続けられる取り入れられる方法である事が
大きなポイントだと思います。

2つ目は、腹筋力をつける事です。腹筋がないといざ排便する時になかなか便が出ない事があります。
この腹筋は、あまりバカに出来ない事で、試しに腹筋をつける様に意識する様になってから排便の時はスムーズに出る様になったのです。

腹筋は身体の中でもつけやすい筋肉ですし、日常的にお腹に意識をして力を入れる事で簡単につける事が出来るので是非試して頂きたいです。
他にもジョギングや縄跳び等も腸に刺激を与えるので効果があると思います。

そして3つ目は最終的な手段にはなってしまいますが、腸内洗浄をする事です。
腸内洗浄は病院以外にも、自宅で自分でする事が出来るキットが販売されています。
私はどうしても出ない時に、今でも使用する事があります。

この方法の良い点は、腸壁についた小さな便やカスまでキレイに出る事です。
お腹が痛くなる事もあまりなく、終わった後の爽快感が素晴らしく、翌日は肌に艶が出ます。
慢性的な便秘に悩んでいる人は、是非参考にしてみて下さい。

便秘を解消できる方法について

便秘にならないためには、毎日3食バランスのとれたものを食べるということです。 ダイエットをしている人は、食事を抜くことが多いですが、便の材料が減ってしまうので腸内が古いものだらけになってしまいます。

ダイエットをしているときでも、野菜や海藻など食物繊維が豊富なものを食べるようにしたほうがいいと思います。 朝ご飯を時間をかけてゆっくりと食べると、腸が目覚めます。 朝はなるべく早く起きるようにして朝ごはんの時間を作るようにしましょう。

最近では、朝食にシリアルを食べる人が多いです。 牛乳をかけるだけでバランスの良い食事となります。 食物繊維が豊富なので便秘解消効果も期待できます。

野菜を毎日食べているし水分も補給しているのに便秘がちという場合は、腹筋が弱まっているからかもしれません。

仕事が忙しい時でも、寝る前に軽い腹筋運動をすると良いと思います。 外では、エレベーターやエスカレーターに頼らず、階段を使うようにすると簡単に運動不足解消ができます。

ダイエット中は便秘になりやすい理由

ダイエット中は便秘になっていまったと訴える人が多いように感じます。ダイエット中にはお通じが良いほうがダイエットにもいいということはわかっていますが、ダイエットをしていると便秘になりやすい条件が重なってしまうので便秘を発症しやすくなります。

ダイエット中に便秘になりやすい理由は二つ考えられます。 一つ目はダイエットでは食事制限をすることが多いからです。単純に食事量を減らせばやはりお通じが物理的に悪くなることになりますし、食事制限をすることによって栄養が偏ったりすることによって便秘になってしまうことも考えられます。

食事制限をすること自体は仕方のないことではありますが、食事制限をしていてもバランスのとれた栄養を取ることを意識することが必要です。

もう一つはダイエット中にはどうしても水分を控え気味になってしまうことです。水分を摂るとダイエットに影響すると考えることによって控えてしまうこともありますし、食事制限によって食材から摂る水分も減っている可能性もあるからです。

ヨーグルトだけでは便秘は解消しない

便秘解消のためにヨーグルトを食べている方が多くいますが、ヨーグルトを食べて便秘が解消しましたか。思ったような変化がないことが少なくありません。

ヨーグルトだけを食べても便秘は解消しません。では、どうしたらいいのでしょうか。

ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれており、腸内環境をよくして便通を促します。しかし、腸内環境がよくなっても便になるものがなければ出ません。

便のもととなるものが食物繊維です。1日の食物繊維摂取目標量は約18g以上ですが、8g程度不足しています。食物繊維には腸の蠕動運動を活発にしたり、便のかさを増やす働きがあり、食物繊維をしっかり摂取することで便通がよくなります。便秘解消サプリ

ヨーグルトには食物繊維が含まれていないので、ヨーグルトだけ食べていても便秘は解消しません。食物繊維が多い食品は、野菜・海藻・果物・きのこ・豆類などです。こういったものから食物繊維を摂ることで便が増え、腸の働きが活発になり、お通じがよくなります。

きっと大腸・直腸が繊細なんです

便秘は社会人になってから初めて経験した私。学生時代はまだその苦しさの経験がなかったため、便秘と聞くとその腹痛を連想するというより、ずばりその「もの」をイメージしてしまい、茶色・汚い・もしかして外にも臭いが漏れ出しているんじゃないかくらいに思っていました。なにより、運動で解消しそうなのに怠けてさぼっているから便秘なんかになるんだと信じて疑いませんでした。

そんな20歳頃、夏のクラブ合宿でのこと。ハードな練習の後、友人たちとコンビニに買い出しに出ました。一人の友人がヨーグルトを手に取りながら「私、もう3日も出てなくってさ…」と言います。すると、ほかの友人たちも、「そうそう。旅行に出るとどうしてもね…」と続きます。「3日前」というと、確かに合宿初日です。黙って聞いていましたが、3日分となると、例えばあの1日の量の3倍ってことだよね、それは大変だと驚きました。しかもみな運動部の仲間なのです。運動不足とはとても思えません。

私はその日を境にこれまでの考え方を改めました。周囲には臭わないし、また、健康な人でも環境の変化で簡単に症状が出てしまうということです。大腸・直腸がデリケートな人がなる症状なんですね、きっと。そう実感しました。

便秘解消の為の一番早い方法と健康的な方法

若い時は、とてもひどい便秘に悩まされていました。 男性の便秘は珍しいと言われたこともあるのですが、 数日、トイレに行っても出ないということがザラ だったのです。

そんな時は時に、よく使ったのが便秘薬でした。 あまり使い続けると習慣になってしまうものだろうなとは 思っても、どうしてもお腹の膨張感が辛くて使っていたのです。

薬はコーラック。 便秘調整薬とでも言った方がいいのでしょうか。 かなり強くて飲んでから数時間経つと、お腹が グルグルっとは鳴りし出してきます。

それで、便秘解消となります。 その後は数日間は効果があるのが便秘が解消されるのです。 しかし、数日経つと、また便秘に逆戻り。

よく考えると食生活が一番早い影響しているなと思っていました。 独身者の時は、野菜などの繊維類の食事をほとんどしていませんでした。

自分の好みもあるのですが、肉類中心です。 その食生活を正していかないと便秘は治らないと思ったのです。

それから数年は便秘体質が変わらなかったのですが、 結婚してからは少しずつ変化が現れてきました。

家内は田舎出身で幼い頃から、野菜中心の食生活でした。結婚した当初は、僕の好みの食事でしたが、少しずつ 野菜中心の食事になっていきます。これが良かったのが、自然とお通じが良くなってきたのです。

また、不規則な食事のパターンがなくなったことも 好影響なのでしょう。

一人暮らしだと、朝食抜きというのがあるのですが、 毎朝、食事を刷るようになります。
そのような習慣の変化も便秘解消にいいのでしょうね。

僕の朝食の後は必ずと言っていいほど、コーヒーを飲んでいます。ミルクを入れたコーヒーですが、飲み終わった頃にお腹の方が鳴り出してトイレに直行というパターンが多いのです。

妊娠中の辛い便秘を解消しよう

女性であれば、ほとんどの人は便秘に悩んだ経験があると思います。 私もその中の一人です。便秘は身体に悪影響を及ぼすので、解消したいけど無理に出そうとすると苦しいし、出ないとイライラしたり肌荒れしたり。

運動や十分な水分補給、ごぼうなどの食物繊維が多く含まれた食事を摂るなど、メジャーな便秘解消策はほとんど試してきました。 しかし、一時は改善されるものの、気付いたらまた4~5日は出ていないという結果に。 そして最終手段は便秘薬に頼っていました。

そんな私ですが、6ケ月前に妊娠が発覚。もちろん赤ちゃんがお腹にいる場合は、便秘薬は服用できません。 妊婦検診のときに、先生に相談したところ、妊婦でも服用できる便秘薬を処方されました。 しかし、薬ということで100%赤ちゃんに影響がないとは言い切れません。

なるべくなら服用したくなくて、妊婦に最適な便秘解消法をネットで情報収集をしてみました。 すると、目に入ってきたのは水素が入ったお水です。 水素が多く含まれたお水は、最近病気の予防としても注目されている話題のお水です。

詳しく見てみると、水素のお水はまだ便秘に効くという証拠は解明されていないそうです。
しかし、多くの女性が便秘が解消されたという記事を読み、早速試してみることにしました。
お水だったら、赤ちゃんにも全く影響がないし、病気も予防できるなんて一石二鳥ですよね。

普通のお水よりは少し割高ですが、飲んでみて3日目。 なんと、全く苦しくなることもなくお通じが良くなりました。 それからは、ほぼ毎日トイレに行くようになり、便秘が解消されました。 個人差はあると思いますが、何をやっても便秘が解消されないと悩んでいる人がいたら一度試してみるといいかもしれません。