便秘を治したいならまずは乳酸菌から

おいしく味わいながら気分よく便秘解消できる食べ物といえばヨーグルトでしょう。ヨーグルトは発酵食品で、腸の働きを活発にする乳酸菌が豊富に含まれています。

ヨーグルトは朝、昼、夜の食後のデザートとして利用できます。毎日必ず食べたとしても飽きるような食べ物ではありません。お米と同じように食習慣の一部とし組み込んでも違和感が生まれないのです。無理をすることなく自然体で便秘予防することができます。

乳酸菌が含まれている食べ物は他にもあります。味噌やキムチ、ハチミツなどにも多量に含まれています。味噌は汁物、キムチは漬け物代わり、ハチミツはパンに塗って気軽に利用できます。ヨーグルトは苦手だからといって、乳酸菌で便秘解消ができないわけではありません。

普段の暮らしが忙しいのでもっと手軽に摂れるようにしたいという人には、乳酸菌のサプリメントがあります。サプリメントは錠剤です。水と一緒に飲み込むことができます。持ち運びしやすいので、移動中での摂取も可能です。忘れることなく確実に乳酸菌を体の中に入れることができます。

体臭と便秘の関連性を知る

便秘になるとお腹が張ってガスが沢山出たり、疲れやすくて心身に良く無い影響が沢山あります。

便秘は体臭にも直結するものであり、腸内に便が滞留する事によって体に便臭があったり、口臭がきつくなるといったリスクもあるものです。

こうした臭いは周りが敏感に反応しますから、体臭を周りにまき散らさないようにする為にも便秘改善を行う事が必要です。

小学生が便秘に悩む子が多いのは、学校で便を我慢する子供が多いというのは大きな要因であり、そこから体臭に便の臭いが発生して周りに指摘されるという例が多いです。

大人でも子供でも便秘から来る体臭には悩むものであり、これは本人では気が付きにくいというのも厄介な要素と言えます。

自身の臭いには鼻が慣れてしまって気が付かない傾向にありますから、便秘を抱えている方は知らず知らずのうちに体臭や口臭を周りに与えている可能性が高いです。

対人トラブルにもなりえる臭いですから、便を滞留させずに過ごす事は重要な事と言えるでしょう。

妊娠中の鉄剤による便秘

私は2回出産していますが、2回とも妊娠中に貧血になっています。 自分では自覚症状は2回ともなかったのですが、中期の血液検査で貧血との診断を受けました。

そして鉄剤を服用することになったのですが、その鉄剤による便秘がすごく辛かったです。 自分としては、貧血より便秘の方がしんどかったくらいです。 便も真っ黒になりますし、コロコロで硬くなってしまいます。

妊娠中はただでさえ便秘になりやすいのですが、鉄剤のおかげで酷い便秘になってしまうのが本当に嫌でした。 妊娠中は怖くて、あまり強くトイレに閉じこもることもできませんでした。 もしあまり強く気張ってお腹の赤ちゃんにもしものことがあったらどうしよう、と思うととても心配でした。

産科の先生に相談したところ、プルーンやアボカドや納豆などを食べてくださいとのことでした。 できるだけ自然に排便したかったので、それらの食品を積極的に食べました。 その結果、何とか少し改善され以前よりかは便秘もマシになりました。

通常は便秘なんてなったことない私が、ここまで酷い便秘に悩まされるなんて鉄剤の威力はすごいです。
でも、お陰で貧血はすごくよくなりました。

あの話題の便秘茶を家族みんなで試してみました!

家族みんなが便秘症ということがあり、便秘対策を家族一眼で日々おこなっています。 家族といえども体質がそれぞれ違うので、便秘に効く方法はそれぞれ。 しかし家族みんなが多少なりとも実感できた対処法がありました。それは便秘茶なんです。

以前から試してみたいとずっと思っていたようで、通販で購入したのですが口コミサイトで人気の桃花スリム。 一見便秘茶には見えないオシャレなパッケージが若い世代に支持されているようですし、なにより風味が紅茶っぽいのでなじみやすいんです。

ピーチフレーバーなのでまさにピーチティ。便秘茶のイメージは苦みがあるようで試したことがなかったのですが、 この桃花スリムなら家族で飲むことができそう。

濃さは時間で調節できるので、それぞれ好みにあわせて1日1回~2回飲んでいました。 画期的にお通じがよくなるわけではなかったのですが、飲む前とくらべると回数は多かったですね。 美味しいから続けることができましたし、この便秘茶の件で家族の会話が増え楽しく試すことができました。

便秘による腹痛を和らげる方法が効果あり

私は日頃から便秘気味で、三日ほどお通じがないのは当たり前で、さらに酷くなるとこの前お通じがあったのはいつだったかなと思い出せないほど間が開いてしまいます。

なので若い頃には便秘薬を常に常備していました。そしてお腹が張ってくると夜寝る前に便秘薬を飲んで朝出すといったことを繰り返していたのです。

ただ大人になり出産したのをきっかけに便秘薬に頼るのはやめました。それというのも妊娠中はいくら便秘でも薬を飲むわけにはいかないので、できるだけ食物繊維や乳酸菌の入った食品を意識して食べるようにして、何とか便秘解消をしていたのです。おすすめの乳酸菌サプリはこちら

そうして出産した後もそのまま便秘薬に頼るのはやめて、自然に便秘を解消することを目指すようになったのでした。 だから現在ではそうした食品を意識して食べることと、あとは腸のマッサージをして頑固な便秘の予防と解消をしていけたらなと頑張っています。

そんな腸のマッサージのやり方ですが、お腹を「の」の字を描くようにして優しくマッサージをしていきます。腸の形がちょうど「の」の字になっているらしく、その腸に沿ってマッサージをすると便秘解消だけでなく、便秘による腹痛も和らぐというわけです。

私の場合は便秘自体も辛いですがそれによる腹痛もかなり辛いので、そんな時には仰向きに寝ていつもマッサージをしています。そうするとだんだん腹痛が和らいでくるので、私にとってはかなり効果のある方法です。 こうして何とか辛い便秘をしのいでいるのでした。

たったこれだけ!便秘解消を防ぐ2つのこと

便秘というのは、なかなか解消することが難しい症状だと言われています。
特に女性の方は便秘に悩まされる方は多いのではないでしょうか?

もちろん女性だけではなく、男性も便秘に悩んでいる方々はある一定数存在します。
今回はたった2つのことを意識するだけで便秘を解消する方法をお伝えしたいと思います。

年齢や性別はほとんど関係ありません。 それでは解説していきます。

便秘を解消する方法その1

まず便秘というものは腸内の宿便がこびりついているのが原因です。
宿便というのは読んで字の如く、排便時に排出されず腸壁にこびりついている便のことです。

宿便の原因はいろいろありますが、代表的な理由としては腸の動きが弱まっているのが原因だということです。
ですのでその腸の動きを元通りに戻してあげることが重要になります。

腸を元通りに戻して上げる方法で簡単なのが腸もみ体操という方法です。

腸もみ体操というのは、腹部の脂肪を揉むように腸を外部の刺激によって動かす運動のことです。
この運動を行なうことによって、腸の既存能力を元通りに戻してあげやすくなります。

目安としては1日に3分ぐらい、この腸もみ体操を行うことをお勧めします。
あまリ強すぎると腸に負担をかけてしまいますので注意してくださいね。

便秘を解消する方法その2

便秘を解消する方法として鉄板の方法ですが、アロエヨーグルトを日頃から食べておくのが便秘の解決法になります。
アロエ成分が腸の活動の恒常性を元通りに整えてくれて便秘解消ほうとしてお薦めです。

以上が便秘を解消する2つの方法でした。誰でも手軽にできるのでお薦めです。
数週間ぐらいの期間がかかりますが、頑張って継続してみてください。

40代にオススメの便秘解消法

40代も半ばにさしかかってくると代謝が悪くなっていることを日々実感します。 今年の冬は暖冬で、しかも家にいることが多かったのに生まれて初めて手の霜焼けを経験しました。医者によると寒さと血行の悪さが原因とのことで、意識していないと身体の内側が滞っていくのを身を持って知った気がします。

また若い時より明らかに便秘気味になり下腹部が重く感じます。それほど食べていないのにお腹が張り、食事作りも面倒になると悪循環ばかりです。 これではいけないと便秘解消に努め、まず始めたのがヨーグルトを毎日食べること。

低脂肪のものにハチミツを少量ときなこを加え、あればキウイを添えて夕食後に食べるようにしています。
きなこは食物繊維もある上に、40代女性には大切な大豆イソフラボンも多く含んでいます。まさに一石二鳥な食材で、ヨーグルトにもよく合いますよ。

これは効果があり、始めてから3日後以降は2週間ほど毎日お通じがありました。 しかし継続していく内に慣れてしまうのか、また少し滞ってきます。

そんな時に友人から薦められたのがラクトフェリン。ヨーグルトにも含まれているものの含有量が少ないので、摂取するならサプリが推奨されています。ラクトフェリンは善玉菌に良い環境づくりをしてくれるだけでなく、抗酸化作用や血流も良くしてくれるもの。40代にはピッタリで、早速お試しを取り寄せました。

服用して5日後辺りからお腹がスッキリします。便通は毎日でないものの便の質が変わり、するすると出るようになりました。 下腹部のハリが軽く感じられます。

お試しの1ヶ月間、かなり調子良く過ごせたので継続を申込み毎日飲んでいます。赤ちゃんの飲む母乳にも含まれる成分なので免疫力も高く、風邪にもかかりにくメリットもありお薦めです。

便秘だったのが、ラブレを飲み始めてから調子が良いです

私が便秘に苦しむようになったのは、ハードな仕事で不規則な生活をしていた20代の前半です。それまでは毎朝スッキリだったのに一日おきになり、二日おきになり、一週間に一度しか出ないなんてことも、ざらになってしまったのです。

毎日スッキリしたいと思い辿り着いたのが、テレビCMで流れていたカゴメのラブレです。腸での生命力が強いラブレ菌KB290配合で、毎日スッキリをサポートしてくれる頼もしいドリンクです。1本80mlと調度良くカロリーは32kcalと低いので、太る心配がありません。ヨーグルト風味でスッキリとした甘さがあり、なかなか美味しいドリンクなんですよ。

毎晩夕食後に飲み始めて一週間ほどで、嬉しい変化が現れ始めました。お腹がギュルギュル鳴るようになり翌日スッキリする事が増えました。ポコンと飛び出ていたお腹も引っ込み、きつかったデニムのファスナーもスーッと上がるようになったので、大変喜んでいます。

ラブレは価格がリーズナブルなので、これからも続けるつもりです。

便秘の改善方法とは?

女性が頻繁の起こしてしまう悩みの中に、欠かさず入ってくるのが便秘ですよね。 便秘は消化器官が閉塞的になってしまって、踏ん張っても閉じてしまっていて便がでてこないことをいいます。

一般的な即席的に使われる物は下剤を服用して無理やりにでも便を出してしまう事です。しかし、下剤を服用することで体調不良にもなりえますし、下剤の過多服用により利かなくなってしまいます。 では、下剤以外での出口はないのでしょうか?

日常的な改善の取り組みでは、食物繊維と乳酸菌を摂ることで便秘の解消効果が生まれてきます。 便秘を誘発する原因は腸内環境が悪く悪玉菌が多く棲みついていることが挙げられます。

その悪玉菌を解消するには、食物繊維を摂取することで善玉菌を増やしてあげることです。
また、ヨーグルト等の乳酸菌が含まれている物を摂取することで腸内に直接免疫力を付けることができます。

しかし、最近の研究ではヨーグルトの摂取では大腸まで届かないことがわかっていて、より大腸に届かすために、乳酸菌LG21等の最新の乳酸菌を摂取することで大腸に乳酸菌を行き届かすことに成功しました。

ですが、日ごろ忙しい人や時間に余裕がない人に食物繊維や乳酸菌の摂取を意識しても、中々難しい問題となってきます。 そこで、乳酸菌がサプリとなって摂取することができるサプリが最近になって話題となっています。

乳酸菌の代表、ビフィズス菌の他にも腸内環境を整える効果があるラブレ菌とカゼリ菌の三種類を配合されています。 ラブレ菌はビフィズス菌の働きを助けてくれて、悪玉菌の増加を抑えてくれる働きがあります。

カゼリ菌もビフィズス菌同様に悪玉菌を殺菌して腸内環境を整える働きがあります。 この三種類を配合してサプリとして濃縮することで、一般的な乳酸菌では胃酸で溶けてしまい腸内までに届かないという問題を解消することが成功しました。 カプセルサプリなので、どんなビジネスシーンでも使用することができる頼もしいサプリとなっています。

便秘に効く軽い運動

便秘を予防するには、日常で簡単にできる運動の習慣をつけておくことが大切になります。
たとえば、会社やオフィスで1階~2階昇り降りするのであれば、階段を使うようにします。そして昇るときにはかかとをつけず、つま先だけで歩きます。

家の中でも、階段を降りるときにつま先だけで歩くようにすることで、お腹の筋肉を鍛えるのに役立ってくれます。また会社やオフィスで仕事がひと段落したら、周囲の人に迷惑をかけない程度で、椅子に座ったまま大きく伸びをします。椅子の背に腰をつけ、両手を上げて思いきり身体を後方に反らせます。転ばないように、必ず足先を支えるようにしてください。この運動は腹筋を鍛えることにも、腸に刺激を与えることにもつながります。

家の中で簡単にできる方法として、うつ伏せに寝て、顔を手の上に置き、この姿勢でバタ足をする運動があります。腹筋と共におしりの筋肉を鍛えることになって、予防する効果が期待できるわけです。